2021年12月27日月曜日

三極管増幅

バルブの最も一般的な使用法は増幅です。したがって、バルブが直線的に増幅し、歪みを最小限に抑えることができるように、バルブを構成してバイアスをかける方法を知る必要があります。まず、Ecc-83 / 12AX7のアノード特性を調査します。 図2−1 アノード特性は、バルブの最も有用な曲線のセットであり、プロットは、グリッドからカソードへの電圧(Vgk)のさまざまなバルブについて、アノード電圧Vaに対するアノード電流Iaを示しています。 最初に注意すべき点は、バルブは高電圧(通常、トランジスタ回路の10倍)と非常に低い電流で動作することです。 2つ目のポイントは、バイアス電圧がない場合(VGK = 0)、大きなアノード電流が流れるということです。 これは空間電荷制限状態として知られており、電流の流れは陰極から放出できる電子の数によってのみ制限されることを意味します。 バイポーラ接合トランジスタとは対照的に、正しくバイアスをかけるには、三極真空管をオンにするのではなくオフにする必要があります。 基本的なアンプ段には、アノードとHT電源の間に接続されたアノード負荷抵抗RLがあります(これは歴史的な言い回しであり、HIgh Tensionの略です) HT電源は、DCから光までのすべての周波数で出力抵抗がゼロであると想定されています(実際のアンプでは、これが実際にどこにあるかを検討することをお勧めします)。グリッドとカソードの間に入力電圧を印加することにより、Vgkを変調します。 、それによってアノード条件を制御します。このため、このグリッドは、四重管や五極管などのマルチグリッドバルブの制御グリッドとしてよく知られています。ここでは、ロードラインの手法を使用して、増幅器回路をアノード特性にリンクし、それらから有用な情報を抽出します。 オームの法則を使用すると、抵抗器(したがってバルブ)に電流が流れていない場合は、抵抗器の両端に電圧があってはならないことは明らかです。抵抗器の両端に電圧がない場合は、 次に、すべてのHTがバルブの両端にある必要があるため、アノード特性のグラフ上の点としてマークを付けることができます(Va = HT = 350、Ia = IR = 0)。同様に、両端に電圧がない場合は、バルブの場合、HTはすべて抵抗の両端にある必要があります。抵抗、したがってバルブを流れる電流を計算できます。この場合、Rl =175KΩ、HT = 350Vであるため、アノード電流Ia = 2mAであり、この点もプロットできます。 オームの法則は直線を表す方程式なので、2つの点がわかれば、その直線を完全に定義できます。これは、示されているように、2つのプロットされたポイントの間に直線を描くことができることを意味します。
図2-3を参照