2011年11月15日火曜日

棟方志功展と竹下夢二展

棟方志功展と竹下夢二展を見てきました、構図の参考になるかもと思い配置空間を頭に記憶させてかえってきました。竹下の絵はどれも憂いに満ちた布施目がちのが多くロマンよりも重く感じた、志功の構図は窮屈なほど切り詰めてあるのだけれど強く生命感が溢れていました,と感じながらかえってきました