2013年5月11日土曜日

腎を養う

人は5労あり。5月病にならないよう少しは思い出して体をいたわりましょう。
1)多想心労、とりこし苦労多いと心臓を痛める。
2)多怒肝労,怒りが度重なると肝をいためる
3)多思脾労、考え事が多いと脾臓が疲れ血液の浄化や調節うまくなくなる。
4)多悲肺労、悲しみが多いと肺を痛める。
5)多憂腎労、憂いが多いと腎臓が疲れる。





ある日、ある田舎の、のきさきにある縁側に唐辛子がほしてあった。
なぜか?***その唐辛子に、なつかしさを感じて 、私の、秘密をうちあけたくなった。

のんびり生きて、ゆっくり生きて時間はみんなに平等です。
負けている様でもそれもなかなかよいものです 。労して心を、なくすよりは、