2012年2月15日水曜日

風と友達

風が私は好き
南方よりやってくる心地よい風は、暖かい空気と一緒に甘い香りや愛を運んでくる。
怠け者の私には時折北の方角から冷たい空気と一緒に戒めのごころを運んできたり、こんな風に負けてなるなと元気ごころをくれる。
古のかなたから,動物は木枯らしが吹く頃の音に、おびえおののき神と対話してきたに違いない 。私もそうだ
かぜは、香りを運び、優しさを教え、時にはやる気を後押しして,怠ければ厳しさを教えにやってくる。
木々の落ち葉にダンスを教えたり、枯れ枝を使い、恐怖や恐れを届ける不思議な風、
広い花畑に吹く風は心地よい香りと一緒に男女の誘いの空気までもとどける。
よわい私は,そんな風といつまでも、友達でいたい。